ROAD

【知らないと損?】WordPressの記事内にツイートを埋め込む方法

工場勤務サラリーマンが20万円 稼ぐまでの道のり】 第18話
悩むひと

自分じゃない人のツイートをブログに載せても大丈夫?

 

つい先日ブログを書いていて他の方のツイートを載せたいときに、こんな悩みがありました。

 

こんな人にオススメです

  • 記事内にTwitterの自分のツイートを埋め込みたい人
  • 記事内に他の人のツイートを埋め込みたいと思っている人
  • 誰でもできるツイートを埋め込む方法が知りたい人

 

はじめて、ブログの記事内に他人のツイートを引用するときって、著作権とか気になりませんか?

 

私は、かなり気になって調べました。

 

実は、ツイートの引用(埋め込み)には、正しい方法があります。

今回は、そんな疑問や誰でも簡単にできるツイートを埋め込む方法についてご紹介します。

 

ツイートの埋め込みとは?

 

これです。

一言でいうと、記事内にTwitterのツイートを表示させることです。

ツイートの埋め込みは、多くのブロガーさんたちが利用しています。
理由は、”記事の信憑性が高くなるから

 

例えば

ある商品に対して、1人のひとが「めっちゃ良い!!」と言うのと、10人のひとが「めっちゃ良い!!」と言うのでは、どちらに信憑性がありますでしょうか?

絶対的に10人が言った方だと思います。

 

このように、他人のツイートを埋め込むことで、自分の発言に対してさらに信憑性を持たせることができます。

 

他人のツイートを埋め込んで(引用して)いいのか?

他人のツイートを埋め込んで(引用して)いいのか?アイキャッチ画像

 

Twitterでは、自分以外の人のツイートを埋め込んで(引用して)もOKです。

しかし、Twitterが定めた方法で利用しなければなりません。

具体的に説明

  • URLからの埋め込み、HTMLコードからの埋め込みはOK。
  • スクショ等の画像として保存して、利用することはNG。
ツイートの埋め込みは、ブログをやっていく上で覚えていて損なしです!

 

※詳しくは、Twitterの規約をご確認ください。(https://twitter.com/tos?lang=ja#updateintlContent

ココに注意

Twitterが定めた方法でツイートは引用すること!スクショはNG!

 

ツイートを埋め込むメリット

 

それは、記事の信憑性がグッと上がることです。

前述しました通り、ネットショッピングをするときは、必ず商品の口コミやレビューを確認しますよね?

 

楽天でもAmazonでも、レビューが一個しかない商品のサイトとレビューが1件でもある商品のサイトなら、誰かが買ってて、「良い!」って言っている商品の方が安心感ありますよね。

 

また、権威性のある専門的な人のツイートを引用することで、記事自体の信頼性もあがります。

上手くツイートを埋め込むことは、ブログのクオリティーを上げるためにも必ず必要な手段ですね。

 

ツイートを埋め込む時の注意点

 

むやみやたらに、ツイートを埋め込むのはかなり危険です。

ツイートを埋め込みすぎると、サイトの表示速度が遅くなってしまいます。
つまり、SEO的によくありません。

 

表示速度が遅くなる=Googleから好まれない

そのため、ツイートを埋め込むときは、必要な情報をちゃんと見極めてから、埋め込むようにしましょう。

 

どうしても、自分だけじゃ説得力ないので他の人のツイートを埋め込みたくなりますけどね(汗)

 

ツイートを埋め込む方法

ツイートを埋め込む方法アイキャッチ画像

 

  1. ツイートのURLを貼り付ける
  2. ツイートのHTMLコードから貼り付ける

この2つの方法についてご紹介します。

 

URLを貼り付ける

 

これは、WordPress専用の限定的な方法ですが、WordPressでは、TwitterのツイートのURLをそのままコピー&ペーストするだけでツイートを埋め込むことができます。

 

step
1
記事に載せたいツイートをクリックして、□枠内のURLをコピーします。

Twitteで自分の投稿をツイートのURLから埋め込む方法1

 

step
2
ビジュアルエディタもしくはテキストエディタに貼り付けます。

※ビジュアルエディタ画面
Twitteで自分の投稿をツイートのURLから埋め込む方の表示画面

※どちらで貼り付けた場合でもテキストエディタにはこのように表示されます。

Twitteで自分の投稿をツイートのURLから埋め込む方法テキストエディタ画面

ココがポイント

貼り付ける場所は、ビジュアルエディタでもテキストエディタでもOK!

 

HTMLコードを貼り付ける

 

これは、ブロガーさん達がもっとも一般的に使っている方法です!

 

step
1
記事に載せたいツイートをクリックして、赤〇内のをクリックします。

Twitteで自分の投稿をツイートのHTMLコードから埋め込む方法1

 

step
2
”</>ツイートを埋め込む”をクリックします。

Twitteで自分の投稿をツイートのHTMLコードから埋め込む方法2

 

step
3
Twitter Publish画面が開くので  Copy Code をクリックします。

Twitteで自分の投稿をツイートのHTMLコードから埋め込む方法 Twitter Pulkish画面

 

step
4
この画面が表示されたらコピーOK

Twitteで自分の投稿をツイートのHTMLコードから埋め込む方法 Twitter Pubkish画面コピーOK

 

step
5
コピーしたコードを”テキストエディタ”に貼り付けて完了

Twitteで自分の投稿をツイートのHTMLコードから埋め込む方法 コピーしたHTMLコード

 

 

この方法が、一番使い勝手が良いのでオススメです!

 

HTMLコードでの貼り付けをオススメする理由

 

HTMLコードでツイートを埋め込むと、色々なカスタマイズができます。

コードで貼り付けたときのテキストエディタ

Twitteで自分の投稿をツイートのHTMLコードから埋め込む方法 コピーしたHTMLコード

ツイートを中央寄せにしたい

<blockquote class="twitter-tweet        "><p lang="ja" dir="ltr">おはようございます☀<br><br>昨日なんとか1記事かけて<br>てよかった..<br><br>⚫︎僕と同じ初心者ブロガーの方<br>

     の部分に、tw-align-center と入力

ツイートを右寄せにしたい

<blockquote class="twitter-tweet        "><p lang="ja" dir="ltr">おはようございます☀<br><br>昨日なんとか1記事かけて<br>てよかった..<br><br>⚫︎僕と同じ初心者ブロガーの方<br>

     の部分に、tw-align-right と入力

※デフォルトでは左寄せになっています。

 

ちょっとしたテクニック

ちょっとしたテクニックのアイキャッチ画像

 

どうせ、ツイートを埋め込むならカッコよく、スマートにやっちゃいましょう!

 

そこで、ツイートの埋め込み時に使えるちょっとしたテクニックを紹介します。

 

ダークモード

 

step
1
Twitter Publish画面から set customization options.をクリックします。

TwitteでツイートのHTMLコードから埋め込む方法 ダークモードの方法説明画面1

 

step
2
How would you like this to look?からdarkを選択

TwitteでツイートのHTMLコードから埋め込む方法 ダークモードの方法説明画面2

 

step
3
Update をクリックします。

TwitteでツイートのHTMLコードから埋め込む方法 ダークモードの方法説明画面3

 

step
4
Copy Code をクリックして、テキストエディタに貼り付けたら完了。

TwitteでツイートのHTMLコードから埋め込む方法 ダークモードの方法説明画面4

 

darkモードカッコいいですよね(*^▽^*)使い方も簡単のなので、使いたい方は是非使ってみてください!

 

リプライを表示しない

 

step
1
Twitter Publish画面から set customization options.をクリックします。

TwitteでツイートのHTMLコードから埋め込む方法 リプライを表示しない方法説明画面1

 

step
2
Hide Conversationにチェックを入れる

TwitteでツイートのHTMLコードから埋め込む方法 リプライを表示しない方法説明画面2

 

step
3
Update をクリックします。

TwitteでツイートのHTMLコードから埋め込む方法 リプライを表示しない方法説明画面3

 

step
4
Copy Code をクリックして、テキストエディタに貼り付けたら完了。

TwitteでツイートのHTMLコードから埋め込む方法 リプライを表示しない方法説明画面4

 

 

リプライを表示しないだけで、かなりスマートになりますよね。リプライの入れすぎは、ブログの表示スピードが落ちてしまうのため要注意です▲

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

Twitterのツイートをブログに埋め込むことは、記事のクオリティーをあげるためにも必要なコンテンツです。

まだ使われていない方は、この機会に是非使ってみてください!

 

ただし、ツイートの埋め込み過ぎには注意ですね(^▽^;)

 

 

これからも一緒に楽しくブログ書きましょ(*^▽^*)

合わせて読みたい

はじまりの記事

 

  • この記事を書いた人

いなさら

田舎系副業ブロガー|九州の田舎でサラリーマンをしながら発信しています! Enaka Blogでは、『ブログの情報やポケットWi-Fiのこと、アウトドアを中心に発信しています。』 少しでもみなさんのお役に立てれば幸いです!! よろしくお願いします(≧◇≦)

-ROAD

© 2021 Enaka Blog Powered by AFFINGER5